« ぷち強いシフ生活、7日目 | トップページ | ぷち強いシフ生活、8日目 »

2005/06/28

転生前カタアサのステ考察

最初のキャラは好きなようにステを決める方がいい経験になるとはいえ、アサ志望の新人さんも入ったことだし、独断と偏見で転生前のカタアサのステを考察してみます。

・・・最近ネタ不足だし。

 

ここで紹介するのは、ほぼカタール系武器専門のアサのステ振り例です。
カタアサであるからにはクリも生かさなきゃ損。というわけで基本はクリ型で。
普通に強いってことで、Pv・Gv用じゃなく、どちらかというと通常狩り向けです。

★各ステータスについて

まずはステ別に。
目安として挙げた数字は、Jobボーナスや装備による補正込みの値です。

  • STR
    ダメージ増加と所持アイテムの最大重量増加。補正込みで10の倍数になるとATKボーナスが追加され、STRが高いほどボーナスも増える。
    STRによるATKボーナスは、「補正込みSTR÷10(小数点以下切捨て)」の二乗
     
    中盤くらいまではAGIより優先度が下だが、それ以降は殲滅力を決める重要なステの一つに。
    シーフ時代はDAと武器の能力に依存でき、早めにFleeを上げないと中盤でつらいので、STRを高めにするよりAGIを上げるべき。しかし中盤から終盤にかけて、STRもかなり欲しくなってくる。
    最終的には70~80以上、火力を重視するなら90以上。90だとブレス込み100になり、ポイント消費もおさえられるのでトータルバランスが良い?
     
  • AGI
    回避と攻撃速度という、カタアサにとって極めて重要な能力をもたらす。
    シフ時代は常にAGIを優先して上げ、できるだけ高い回避力を持つと育成の効率も上がるらしい。
     
    木琴があっても、アサの基本的スキルを取り終わる頃にはAGI80程度は欲しいところ。
    最終的には100が目安か?西兄貴等で実用的な回避が欲しいなら、110くらいあるといいかも(目安は弓兄貴の95%回避)。
    終盤には回避だけでしのぐのが難しくなるので、最終的なAGIはASPDを確保するものと割り切ってもいいかもしれない。
     
  • VIT
    MaxHP増加。それによりHPの自然回復量も増加。アイテムを使用する時の回復量も増える。
    被ダメの減少という効果もあるが、高VITでない限り中盤以降ではVITによる被ダメ減少の効果はあまりない。
     
    Lvが上がってもMaxHPは増えにくいアサにとって、たいていは高威力のスキルを食らって一撃死しないためにHPを多少増やす目的だったり、またはスタンなどの状態異常になる確率を下げたり状態異常からの復帰を早めるために上げることが多いかも。
    アサにとっては、VITについてはきりのいい数字にする意義は特にない。
     
    基本的に回避でHPの低さを補い、HPを多少上げるという程度ならほどほどで。
    HPをそれなりに増やしたり、状態異常への耐性に期待して上げたいなら、30~40くらいに(耐性の向上を体感できるのが、そのあたりかららしい)。
    ただしポイントを消費しすぎて他のステを圧迫すると、後で痛い。
     
    黒耀はVITを全く上げなかったが、いまどきのアサはVITやMaxHPがそれなりにあると、活躍の場が多少広がる。
    補正込み30くらいなら損はしないかもしれないが、引き換えに火力を多少削らなければならないだろう。
     
  • INT
    MaxSPの増加とSP回復力。ヒールの回復量にも影響する。
    ヒルクリを手に入れて回復代を節約するなら、多少上げても損はない。
     
    シーフ系はMaxHPが前衛のわりに少なめで、回避により被ダメをおさえられる状況なら、ヒルクリと微INTでも回復代を大幅に軽減できる。
    囲まれて殴られてる最中に使うのは無理だけど。
     
    上げるときは、補正込みで6の倍数になるとSP回復量が1増えるので、6の倍数が目安になる。BaseLvとINTによってヒールの回復量が変わるが、あまり上げる必要はないのでこちらは考慮しなくてもよいだろう。
     
    カタアサがスキルを多用するような狩場はそう多くないので、人によっては全く上げない。黒耀は1+4=5のままで、西兄貴で半永久機関でした。
     
  • DEX
    HITと、弓使用時の攻撃力に。一応DEX1につきASPDも0.05(1/20)ずつ上がる。
     
    純クリアサなら不要という意見もあるが、特化・属性カタールを使えるHITがあると殲滅力の増大に有効。
    最近話題の黒蛇挿し武器を使う際は、クリによる命中率に依存できないのでそれなりのDEXが必要。現状では二刀ステのアサが黒蛇カタールを使っているケースが多いか??
    SBなどのHIT依存スキルでも重要なので、転生するとそれなりに重要性が上がる。
     
    純クリアサ志望でDEXを全く上げずに転職するのは正直しんどい。マミ挿し武器やPTプレイ、あるいは壁育成で転職まで持っていくなら別だが。
    高LUKにする、あるいはソルスケ挿し武器しか使わないのなら、なくてもいいのかも。
     
    だが相手が非常に硬い場合を除けば、クリが半分くらいしか出なくとも、特に高STRでそこそこHITが足りていると、白ダメがよく出て殲滅力は意外と落ちない。
     
    補正込み20程度あるとシフ時代の育成が楽で、後半もFleeが低い敵をクリのみに依存せずに倒せる。
    クリ型でも補正込み40あたりまでは実用になると思われる。しかし、Fleeの高い敵に対しては役に立たないのも事実。
     
  • LUK
    クリティカル率(+完全回避)を上げる。クリ型にとって重要なステ。
    敵に応じてクリ発動率が変動するため、カタール系のクリ率2倍を考慮しても、100%(ステ画面上で約50)を超えた程度ではクリ不足で泣かされる敵もいる。
    よって完全にクリに依存するステでは、相当高いLUKが必要に。
     
    シフ時代は硬い敵が苦手で、柔らかめのmobにクリが出るとDAが出ないせいで結果的にダメが減るため、LUKを上げても邪魔と言われることもある。しかし短剣+低LUKでは邪魔になるほどクリは出ない。
     
    TCJ+コボ挿しアクセx2が主体でも、クリ型なら最低LUK30。
    武器に何枚ソルスケcが挿してあるかにもよるが、たいていのmobにクリを出したいなら40~50あると安心。
    クリ依存率を上げるなら60くらいもアリ、70まで上げるなら他のステをある程度切り捨てる必要があるだろう。
    黒蛇武器を使ったり、白ダメ込みで殲滅力を考えられるステ(=それなりにDEXもある)なら、40~50あたりで止める方がポイント的に楽だろう。特に黒蛇挿しカタールを使い倒すつもりなら、LUK40くらいで止めてDEXを上げる方がいいのかも??
     

★ステ振りの例

個人的に、火力や汎用性においてバランスがいいと思っているステは

  STR90・AGI100・DEX30・LUK50

木琴+コボクリx2を前提にすると、だいたいこんな感じ。
これだけでも、装備補正なし・Job50だとLv98になっちゃいますが。
VITとINTは好みがあるので省略していますが、最終的になんとかVIT20付近までなら振れるようです。

熱血鉢巻・悪魔耳・コボ挿しアクセ2個等のSTRが上がるものを常に装備するという前提で、それらの効果込みでSTR90という振り方にすると、VIT30付近まで上げられるかも。
とはいえそれはLv99での話。VIT上げるなら、引き換えにどのステを下げるか早めに決めないと苦労します。

 

AGIとLUKをあとまわしにするのはきついので、STR上げを遅めにして上記ステを目指すとすると、例えば
STR50・AGI90・DEX30・LUK30がLv70台前半
STR60・AGI100・DEX30・LUK40がLv83(このあたりでJob50?)
STR70・AGI100・DEX30・LUK40がLv87
STR80・AGI100・DEX30・LUK40がLv91

まぁそれなりにいい感じで火力が上がっていくんじゃないでしょうか。
(装備補正抜きで計算してるので、実際はもう少し早いか、他のステにも振る余裕が少しはあります。)
終盤を迎える前に火力が上限に達するよりも、折り返しのLv96以降も火力が上がる方が、楽しみが増えていいと思います。

 

★育成例

装備補正などによってステの上がり方に差が出るので、簡単に。
一応上記のステ振り例を元にしています。
育成の計画を考える時は、Job50になるBaseLv80付近に目標を作ると、能力がハンパにならずに済んで活躍の場が広がると思います。

ノビ~シフ序盤は、DEXは20、STRは20~30程度までで止めてAGIに振りまくり。
火力や多少のHIT不足よりも、アサ転職前後までにFlee(AGI)を一定以上にもっていくことを優先に。目安は転職までにAGI60~70くらいか。
DEXを補う時は、アサのJob補正を考慮して、DEXは素で22まで?

STRによるATKボーナスはまだ少ないので、10の倍数にこだわる必要はない。
転職までにSTR40くらいになるかな?

シフからアサへの転職の前後は、余裕があればLUKを。
転職したら、しばらくはLUK上げに専念してクリ率を上げると後で楽に。とりあえずLUK30が目標かな??
LUKが低い時期は、TCJ持ってクリ依存で狩るより、特化or属性カタールを持って白ダメで稼ぐ方が効率がいいみたいです。

中盤以降はアサとしての基礎能力を充実させるつもりで、AGIで回避と手数を、STRで一発の威力を、LUKでクリ率を上げていく。

ある程度育った狩りステのアサは、死ぬ危険の高い狩場に行かない限りは、ソロでもそれなりの効率が出ます。
火力が充実してくると、一部の狩場での公平ペア狩りを除けば、ソロが一番効率がいいことも。そのくらいになると、各ステを上げる順番は、メインの狩場によってお好みでいいかも。

悩みどころはVIT。だいたい80代くらいまでにそこそこ上がってると、それなりに死ににくくなるとは思います。
HP増量の効果が出てくるのも、VITの数値にもよるが80~90代から?

|

« ぷち強いシフ生活、7日目 | トップページ | ぷち強いシフ生活、8日目 »

考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転生前カタアサのステ考察:

« ぷち強いシフ生活、7日目 | トップページ | ぷち強いシフ生活、8日目 »