« 今日はがんばった!! | トップページ | 消えたのは何だ »

2005/10/27

気がつきゃ空が白んでた

昨夜、ホルグレンの手で+9シューズが完成した後、何か面白い番組やってないかな~とTVを見てたら、BSの某国営放送に。

 

そして、+9成功をなんとなく納得。

 

放映してたのは、NFL(アメフト)のダラス・カウボーイズVSシアトル・シーホークス戦。
見始めた時には第4クォーターに入っていた。

NFLに詳しい方なら、何を言いたいかお分かりだろう。

 

シアトル・シーホークスを率いるのは、名将の呼び声高いヘッドコーチ、ホルムグレン氏。

彼のもとでコーチとして経験を積んだ者が、何人か別のチームで指揮をとっているというベテランである。

 

そしてその日の試合は、驚きの展開を見せた。

試合はロースコアゲームとなり、10対3でカウボーイズがリードした状態で第4クォーターも残り数分。
残り時間が2分を切ってから、シーホークスがタッチダウンを決め、10対10の同点に。

しかし残り時間が少なく、続くカウボーイズの攻撃で得点が入れば逃げ切り。
守りきれば延長戦へ突入というシチュエーション。

残り時間は20秒もない。フィールドゴール(キックで得点)をきめてから時間切れという展開を狙うカウボーイズ。
キックの届く距離まで前進しようと、サイドライン際のレシーバーへパスを投げるが、それを読んでいたシーホークスの選手がインターセプト。そのままカウボーイズ陣内へと前進し、サイドラインの外へ出て時計が止まり、一転してシーホークスの攻撃に。

 

このターンオーバー(インターセプト等で攻撃権が移ること)により再び攻撃権を得たシーホークスだが、残り時間はたったの5秒。

しかしインターセプトリターンによって、攻撃開始の位置はフィールドゴールの届く距離。

そのままフィールドゴールに賭け、フィールドゴールが成功し3点追加。
まさに土壇場、13対10でシーホークスが劇的な逆転勝ち。

 

というわけで、非常に見ごたえのある試合でございました。
ホルムグレン率いるシーホークスは逆転勝利。
ホルグレンが珍しくいい仕事してくれた直後で、なんとなく勝つような気がしてたけど、やっぱりびっくり。

 

でもって、気がつけばもう午前4時だったとさ。

|

« 今日はがんばった!! | トップページ | 消えたのは何だ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気がつきゃ空が白んでた:

« 今日はがんばった!! | トップページ | 消えたのは何だ »