« 耀(BlogPet) | トップページ | 私はこの街に必要な仕事をしている »

2007/10/30

やっぱり出るのね5周年記念パッケ

最早癌には、ハロウィン前日からハロウィンイベントを開始する程度のことを突っ込んではいけないのか・・・!?

まぁハロウィンのためだけに31日の前後にメンテ入れてイベントされても困るわけだが・・・。

 

ところで今日、ふと

上位種に下位種のcをドロップさせるという経過措置はやらないのか?

とか思った。

 

例えば、かつて廃兄貴が兄貴cを落としたように。

具体的には、ホドレムリンからグレムリンc・シーカーからビホルダーcとか。
未実装のままcだけ落とすというのもアリだとは思うけどね。

とはいえ、最近の新mobには同じor近い種族のモンスターで2種以上いるというパターンが無視されつつあるけども。

 

 

 

さてさて、続いては5th アニバーサリーパッケージの新頭装備について。

 

いずれも上段装備(ヒュッケ耳と船長帽)はDEF低いものの精錬OK。

今回は中段・下段装備が多め?

 

  • 「ヒュッケの黒い猫耳」 (動く装備アイテム)
     
    動く猫耳ってだけで、性能がダメでも見た目重視装備として人気が出るか?
    惜しむらくは尻尾がない。
     
    だが性能も良いんじゃなかろうか。
    DEF-50%というペナルティはあれど、頭装備でFlee+10・クリ+3・クリダメ+10%というのはクリ型にとっては充分魅力的だろう。
     
    さらに、アサ系でFlee300の大台超えを狙うのもけっこう楽になる。
     
     
  • 「船長の帽子」
     
    飛行船の船長のか。
    ツノ込みで「帽子」ならば、あの船長のツノは偽物?
    プロ方面の案内要員みたいに、「実は女なんです」ってオチですかね。
     
    遠距離物理攻撃与ダメ+3%というのも中途半端な感じだが、それよりも元ネタと効果の因果関係がよくわからんのだが。
    ・・・そういや船長、飛行船襲撃イベントで甲板に向かって砲撃させてたっけか。
     
     
  • 「ペコペコの羽耳」
     
    これはまぁ、色違いシリーズってことだね。
     
    効果はAGI+1。
    AGIが増える中段or下段装備って、馬c挿しs中段以外じゃ初めて?
    アサシンマスクのAGI増加オプションは幻になったし。
     
     
  • 「ギャングスカーフ」
     
    イメージイラストが素敵。

    RO2に登場した、赤マント黒猫山賊団の基本装備である。(何
     
    RO2の黒猫たちはけっこう美味しかった気がする。
    だがノンアクな青・黄マント団と異なり、赤マントはアクティブで脚も速い。
     
    かくして、RO2は頭装備としてROにその名残を残すこととなったのである
     
     
    -完-

     

    ・・・冗談はさておき、効果はATK+5。
    ローグ系装備時、ギャングスターパラダイスLv1使用可能。
     
    G☆P取ってないログが多いからこそこういう効果の装備が出てくるのだろうが、少ないのにはそれなりの理由があることも忘れてはならぬ。
    まぁ下段装備でATKが上がるんだから、無価値ではない。
    G☆Pオプションの発動対象がローグ系じゃなくてシーフ系だったら、それなりに使いようがあったと思うのだが。
     
     
  • 「忍の巻物」
     
    ROの忍者は術を使う時に巻物を使わないけど、一般通念的な忍者の基本装備じゃね。
     
    効果はMATK+1%。
     
    ・・・1%じゃ誤差の範囲じゃないの・・・?

 

 

新頭装備はこんなとこか。

そして今回も、懲りもせずRSSティッカーを付属させるのであった。

それより、これと壁紙だけで「デジタルアクセサリー」とか呼ぶつもりじゃあるまいな?
告知では、中身紹介で

「2008年上半期壁紙カレンダー」「ラグナロクオンラインRSSティッカー」などのデジタルアクセサリー

とか書いてある。

「など」って・・・他に何もないんじゃ・・・

 

|

« 耀(BlogPet) | トップページ | 私はこの街に必要な仕事をしている »

RO日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり出るのね5周年記念パッケ:

« 耀(BlogPet) | トップページ | 私はこの街に必要な仕事をしている »