« フルモデルチェンジ(BlogPet) | トップページ | 新型アクセラスポーツ »

2008/11/25

雑多に近況

うおーまた更新間隔ががが!!

 

クルマ関連の過去記事の加筆修正は一応やってたんですがね・・・。

 

というわけで、タイトルのとおり雑多に近況です。

そのうえ長いので、別に興味ねぇって人はスルーしてくだされ。

 

 

 

PCの構成品のうち、何が一番長持ちするかというと、そこそこ以上の品質のモノであればモニターなのです。

まぁ、ファン等を除外すればケースも長持ちだけど。

 

で、もうどのくらい使ってきたか分からないけど、ざっと5年くらいはお世話になってきた17inch液晶 (EIZO(Nanao) FlexScan L557) のバックライトが暗くなってきた気がしたので、買い替えますた。

EIZOの22インチの新型等々と比較検討した結果、今度はI・O DATAのLCD-AD241XB。
一挙に24インチワイドへ。

ちなみに、17inch(ワイドじゃない)と比較した場合、画面解像度が上がっても表示されるモノの実寸が小さくならないサイズのワイド液晶というと、22インチワイド以上になるみたいッス。

 

AD241XBは、NTSC比92%の色再現性を謳う点と、ドットバイドット表示やアスペクト比固定ズームといった欲しい機能が揃っているうえ、24inchワイド液晶の中ではまぁまぁ安めだったので採用。

実際使ってみると、中間色の再現性や鮮やかさがしっかりしてるのは確認できた。
面積がぐっと大きくなったので、明るさを落とさないと目が疲れやすいかな。

個人的には、HDMI端子は要らない。
HDCP対応の製品なら、地デジとか見る分にはDVIで足りるし。DisplayPortは言うまでもなし。

 

にしても、ホントむやみにでかいです。

画面解像度は1280x1024から1920x1200に。けっこう横幅をもてあます。

L557の前はSONYの19inchトリニトロンを使ってたので、1600x1200な環境には慣れてたから、17インチ液晶しか使ったことない人よりはインパクトが小さいのかもしれんけど。

考えてみたら、今のやつの前に使ってたテレビも24インチワイドだったから、それを手の届くような距離で見てたらでかいと感じて当然だわな。

 

一般的には、横幅と大画面のバランスがいい具合なのは22インチあたりだと思うッス。
最近22(21.5)inchでフルHD表示できる液晶も出てきてるけど、少なくともWinXP環境のデフォルトではアイコンの文字とか小さいと感じるんじゃないかのぅ。

 

 

実は、表示デバイスとしての液晶はあまり信用してないとです。

確かに奥行きは小さいけど、画質の面ではしっかり作ったCRTに肩を並べたとはまだ思えないのよね。
最低限、ドット抜け保証がないと安心して買えないし、アジア系メーカーの製品も信用できてない。
アジア製パネルを使った国産メーカー品もたいてい敬遠しがち。
確かに安くて見た目まともなのも沢山あるけど、耐久性とか心配なのよ。

 

なんといっても、家族用のPCにアジア製パネルを使った安物液晶を買ってみたら、数ヶ月で制御系がいかれるというトラブルが出たことがありまして。

しかも製品不良として同じモノの新品に2回交換させたにもかかわらず、合計3台いずれも同じ症状で使用不能に。

そもそもその製品、スタンドの基部とRGBケーブルが干渉して、ケーブルやコネクタ、さらには基盤にまで常時負荷がかかるという・・・。
明らかに設計がおかしい。それを指摘して同種の問題がない別モデルへの交換を求めても、同じ製品(3台目の頃にはラインアップから外れてた)に交換するだけ。
ふざけんな●reen■ouseって感じ。

 

元を正せば、中国産の電子部品が価格上昇と品質低下を同時進行でやってるため、安さを重視すると製品の価格or品質にケチがつくという、電化製品全般の問題が背景にあるわけだが。

 

そのため、韓国製の家電も危ないッス。

韓国メーカーは部品を中国か日本から調達することが多くて、国内調達が非常に少ないらしいんだけど、ウォン安の影響もあって、価格競争力を維持するには中国製部品を多用せざるを得ない。

つまり、危険を承知で爆弾を抱えなけりゃ商売にならない。

 

 

まぁ愚痴はここまでにしよう。

 

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

 

 

ROの方は、また低接続気味になることがあるとはいえ、ぼちぼちやってます。

ほとんどアサクロ@もすかうばっかですが。

 

上述のとおり画面がでかくなって、ROの画面もでっかくしたんだけど、チャット文字とかはサイズがそのままなもんだから読みづらくなった。

PCやmobを表示する領域(自PCから何セルまで)の上限がこのくらいのサイズにゃ全然見合わない仕様みたいで、より広いエリアを表示できたりはしない。画面がでっかくなっても遠くのmobが前より見えるってわけじゃない。

結果、スキンが適用される部分だけ縮小表示されたような感じ。
一応背景とかの3Dオブジェクトの精細感は増したけど、元々ローポリゴンで作ってるし最近のディテールアップに便利な機能もあんまり利用してくれないので、やはり大して変わらない。

それと、解像度が上がるとSSのファイルサイズもでかくなる関係なのか、SS撮るたびに一瞬処理落ちします。

 

 

なお、アサクロの育ち具合は、本日の時点でBaseが98の67.7%、Jobは68の17.7%。
なんやかやでBaseは2/3を突破しますた。

TS疾風を買ってなければ、ここまで上がってなかったのは間違いない。

順調にいけば、オーラ吹く頃にはJob69も見えてきてるって感じかな?

同時期に両方Lvカンストする方が分かりやすくていいんだけどね。

 

 

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

 

 

さらに話は変わって・・・。

 

ちょいと毛色の違うゲームもやりたいと思い、久々にゲームデバイスに手を出しました。

Logicoolのステアリングコントローラ、G25 Racing Wheelでございます。
要はレースゲー用コントローラで、ペダルはクラッチもあってシフトは6MTとシーケンシャルシフトに対応するスティックタイプ。
ステアリング・シフトレバー・ペダルと3ピース構成なので、見た目かなり大げさッス。

 

というのも、アクセラに乗り換えてからMTにほとんど乗らなくなってしまい、これじゃいかんという思い以上に、MTで走りたい!! っていう禁断症状みたいなものが・・・。
まぁだいぶ前から禁断症状は出てましたがね。

うちの地域じゃ冬場は雪や氷で路面状況が悪化するうえ、普段運転を楽しむ時に走ってるコースは除雪の頻度が低く、けっこう危ない。

積雪も凍結も部分的なことが多いので、日陰だけツルツルに凍ってるってこともわりとある。

さらに、冬だけ運転する高齢者ドライバーなんて物騒なモノが出没するとです。
クマが飛び出してくるよりよっぽど怖い。

 

そういう背景もあって、周囲の迷惑も気にせず年中走りまくれるレースゲーはやれる方がいいなーと思ったわけです。

 

 

んでもって、G25で遊ぶタイトルは何にしようかと悩んだんだけど、やっぱロードスターで走りたいよね~ってことで、Need for Speed Undergroundに。

廉価版が出てるので安かったし、正直ロドがあるレースゲーは少なかった。

 

でもこれ、6MTは使えないのよね。
シーケンシャルシフトは使えるので、一応そっちでやってますが。

 

 

元々レースゲーは、Gがないし視界も狭いから苦手だったりする。

まだまだ慣れようとしてる段階だけど、普通に走るとRX-7よかロドのがいいタイム出るのにはちょっと笑った。
このシリーズはリアル路線じゃなくて、警察とのチェイスや対戦がメインの、痛快さがウリのタイトルなんだけどね。
正直、クルマの挙動に関しては疑問があるかな・・・。

 

ちなみに同シリーズでも、Undergroundより数代新しい、UndercoverやProStreetは6MTで走れる(後者は体験版で確認済み)。

最新作が来月中旬に出るらしいんだけど、乗りたいクルマ(もちろん一番はロードスター)が収録されてるか分からないし、とりあえず様子見。

というかEAの公式ページだと、どのタイトルも収録車種がリストアップされてなかったり、全体的に分かりづらかったりしてヘボいんだけど。

 

NA・NB・NCが3代いずれも乗れて、しかもリアルなドライビングシミュレータってないものか・・・。

知ってる方がいたら教えて下さいませ。

 

 

 

|

« フルモデルチェンジ(BlogPet) | トップページ | 新型アクセラスポーツ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多に近況:

« フルモデルチェンジ(BlogPet) | トップページ | 新型アクセラスポーツ »