« ソウル試され日記 その71 | トップページ | とりあえず修理 »

2010/07/28

波乱万丈の欠片

わけあってしばらく何も書いてなかったが、今回はうちのや野良の猫たちについて。

 

 

 

 

------------------------------------------------------------

 

 

・・・さて。

 

まずはうちのもみじについて。

 

結石が見つかったのは、春でしたかね。

 

いつものカリカリを食すしゃけを傍目に、あまり美味しくない(おまけに何倍も高価な)療法食を食べなきゃならん日々も、ずいぶん長くなった。

薬を飲むのも時々病院に連れて行かれるのも大嫌いになってしまい、薬は砕いてお湯で溶かし、療法食に染み込ませるようにしてた。

・・・味はさらに悪くなるわけですがね。

 

途中で薬を変えてみたり、療法食を効果の強いものに替えたりしつつも、結石はほとんど小さくならず、結局手術で摘出することに。

 

------------------------------------------------------------

何日か入院。

迎えにいくと、だいぶ元気がなかった。

何日も続けて俺と離れたことなんて今までなかったし、病院にも良い印象ないからねぇ・・・。

 

帰宅して、しばらくは食欲もなかったけど、数日後にはすっかり元気に。

むしろ元気すぎるくらいで、抜糸が済んでいないのに動きすぎじゃないかとこちらが心配になるほど。

 

今は抜糸も済んで、体内の糸が溶けるのを待ちつつ経過を見ている状態。

手術の影響が完全になくなっても、当分は再発防止のために療法食を続けなきゃならないんだけど、薬がない分食べやすいのか、療法食もよく食べてます。

 

------------------------------------------------------------

 

相棒のしゃけはというと、結石らしき兆候など皆無。

同じもの食べて育ってきたんだがなぁ・・・。
まぁ体質なんだろうね。

もみじが元気ない時に限って、普段しないようないたずらをやらかしたりするのには、さすがに少々ムカついた。

 

 

------------------------------------------------------------

 

続いては野良について。

 

まとめて餌付けしていた3匹のうち、サバトラさん(仮)を除く2匹は、もう何ヶ月も姿を見せない。

最後に会った頃にはどちらも何らかの感染症にかかっていたようで、けっこうやつれていた。
満足にケンカもできない状態で、他のオスに追い出されて引っ越したか、あるいは弱っているところに何か追い討ちがあって、すでにこの世を去った可能性もある。

いずれにせよ、オス2匹はもう戻っては来ないんじゃないだろうか。

 

------------------------------------------------------------

残されたサバトラさん(仮)。

春に初の出産を経験したが、仔猫は一匹また一匹と、あるいは何者かの攻撃により命を落とし、あるいは何があったのかも分からないまま姿を消していった。

 

一匹も、自立できる年頃まで育つことはなかった。

 

そのうち2匹は、わしが亡骸を見つけて埋葬した。
生まれた子供が、全て健康に育って自立していくわけではない。
仲の良かった猫が死んでしまうのも、初めてではない。これまで何度もあった。

 

だが・・・

あの子達のことを考えると、やはり未だに心が痛む。

 

------------------------------------------------------------

サバトラさん(仮)は、裏山の群れに加わることなく、一人で初めての育児に奮闘していた。

群れに加われば、他の母猫と共同で子育てすることも不可能ではないが、一人でとなると周りは敵だらけになってしまう。

食べ物のサポートはできても、一番危険であろう夜間に見張りを代わることは難しい。

 

安全な育児を実現する、可能な選択肢といえば、我が家に一時的に迎え入れて、家の中で出産と育児をさせてあげることくらい。

だがそれは、野良と飼い猫の境界を超えてしまう。
家の中に入っていいのだと、母子共に誤解を与えてしまう。

その選択肢が採用されることは、おそらくないだろう。

 

例えば、過ごしやすい場所に他の猫などが入れないよう囲いを作り、そこで仔猫が充分成長するまで暮らしてもらうといった方法をとる方が、野良猫としてはよほどまともな育児なのかもしれない。

 

------------------------------------------------------------

当のサバトラさん(仮)は、今二度目の妊娠中。

おなかは初産の時と比べてひとまわり大きいが、まだ乳腺の張りがなく、出産までにはまだしばらく時間があるようだ。

 

今度は、元気な子を育てて家族を持ってほしいものだ・・・。

 

|

« ソウル試され日記 その71 | トップページ | とりあえず修理 »

ぬこ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。