« 波乱万丈の欠片 | トップページ | ソウル試され日記 その72 »

2010/07/29

とりあえず修理

近頃は、ロードスターのエキマニ交換に先立って、遮熱板の自作にオフを費やしてたりしてた。

 

それもひと段落し、ぐっとフィーリングの良くなったNC2にご満悦。

しかし、こんな時に限って、モノが壊れるものなのだ・・・。

 
 
 
 

------------------------------------------------------------

うちのDVDレコーダー、東芝のVARDIA、RD-S601。

ダビング10に初対応したRDとしては、最初期のもの。
ダビング10の運用開始は翌年だったので、発売後にアップデートで対応したんだけど。

ちなみにCMは若本御大がナレーションをつとめておられた。

 

こいつが、最近不調気味。

具体的には、録画したものをDVDに書き出す時に、エラーコードなしで記録開始を失敗する。

乾式のレンズクリーナーは使ってるが、その程度じゃ済まない経年劣化なのかな~

 

と思って、本格的に手入れすることにした。

------------------------------------------------------------

 

一度、記録失敗した直後にバラしてみた時は、HDDの発熱が気になった。

HDDは本体前方の両端にマウントされているので、その間に固定されているDVDドライブも温度が上がる。

失敗する時には、たいていDVDドライブも温度が上がってる。

廃熱は、背面の6cmファンによる排気と、本体全体からの放射で行っているようだ。
ファンの劣化で廃熱が追いつかなくなったのか、DVDドライブが弱って熱の影響を補正しきれなくなったのか?

 

で、しばらくしてまた失敗したので、DVDドライブの分解整備もすることに。

 

搭載されていたドライブは、PanasonicのSW-9576。
ATAPIドライブを、変換基盤を介してフレキシブルケーブルで本体と接続している。

一方、HDDはSerialATAドライブだった。

 

まずは底面カバーを外し、続いて上面&側面一体型のカバーを外す。

レンズはまだ見えない。
上面のパネル(トレイやディスクを押さえる板バネがついてる)を外すと、ようやくレンズユニットが露出する。

 

ピックアップレンズを、アルコールをしみこませた綿棒で拭き、ディスクを保持する円盤状の部品も、滑りにくくなるように上下ともアルコール洗浄。
特に下の部品は、ゴムが使われているので綿棒が真黒になった。

 

 

------------------------------------------------------------

 

元通り組み直して、動作チェック。

 

前よりは良くなったが、エラーコードなしでの失敗はまだ起きる。

ただ、トレイをイジェクトしたままで30分ほど放熱させておくと、けっこうな確率で焼けるようにはなった。

もっとも、それでも調子がいい時で連続3枚が限界。
エラーが出たらまたクールダウンさせてやらなきゃならん。

 

交換用ドライブを調達しておく方がよさそうだ・・・。

 

------------------------------------------------------------

 

なんてことをやっているうちに、RDの強力な編集機能を持つBDレコーダがついに発表された。

と同時にVARDIAという名前は廃止になることが明らかになったが、それは別にどうでもいい。

 

GUIも大画面にマッチする情報量になっているようだし、BDを扱えるからにはGUIの動作速度も快適になっているだろう。

慣れてしまうと他社レコーダを使う気になれないRDのユーザーとしては、気になる存在だが・・・

当分は今のを手入れしつつしのぐしかないッス。

 

|

« 波乱万丈の欠片 | トップページ | ソウル試され日記 その72 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 波乱万丈の欠片 | トップページ | ソウル試され日記 その72 »